大阪, 教育, 美容専門学校

音楽専門学校と音楽大学にはどのような違いがあるのか

高校生が音楽の道を目指す場合、進学先として考えられるのは音楽専門学校と音楽大学ですが、これら2つの学校にはどのような違いがあるのでしょうか。まず基本的な違いを述べると、音楽専門学校はボーカルや楽器について専門的な知識を勉強したり、上達するための技術を習得する場所であり、音楽大学は音楽を学問として勉強したり、研究をする場所であるということです。どちらも音楽について学ぶ場であり、卒業者の多くが音楽の世界に身を置いていることに変わりはありませんが、音楽大学の卒業者には学士の学位が与えられるため、ミュージシャンや楽器の演奏者になって音楽業界で活躍するだけでなく、学校で他人に音楽を教えることができたり、大学院に進学して研究を重ねれば大学でも教鞭をとることができるようになる可能性もあります。このように、将来のことを考えると音楽大学にすすむ方がメリットが大きいですが、音楽専門学校にもメリットはあります。

まず、音楽大学は卒業するまでには少なくとも4年はかかりますが、音楽専門学校は2年もしくは3年で卒業することができ、音楽大学に通う人たちよりも早く社会に出ていくことができます。卒業にかかる年数が少ないということは、卒業するまでに学校に支払わなければならない費用も少なくなるということでもあります。また、音楽専門学校の入学試験では音楽大学の場合ほど学力は要求されないため、出願状況にはよるものの、基本的には音楽大学よりは入学するためのハードルは低いといえます。高校時代にあまりよく勉強ができなかった人にとっては、この点もメリットになるでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です