Skip to content

遠赤外線ヒーターの特徴と選び方

遠赤外線ヒーターとは、電気を熱に変換する発熱体を利用したヒーターで、スイッチを付けるとヒーターの部分が赤くなりピンポイントで当たっている人を暖めます。

電気ストーブとして一般的に知られていて、他のヒーターとは違い、部屋全体を温めるためではなく、部屋を部分的に集中して温めるときに使われます。遠赤外線ヒーターのメリットは、早く暖めることができ、購入する時の本体価格が安いというところです。しかし本体が全体的に熱くなるため、小さな子供がいる家庭では、本体に触って火傷しないように気をつけなければいけません。

このヒーターは大きく4種類に分類され、それぞれの特徴が違うので、自分の使い方に合わせて選ぶことがポイントです。最も耐熱性が高く、赤外線の量が多いとされているシーズヒーターは、パワーがありますが暖まるまで少し時間がかかります。炭素繊維に電気を流すカーボンヒーターは、比較的本体価格が安く、電気代を抑えることも可能です。ハロゲンヒータは、ハロゲンランプという発熱体を使用したもので、消費電力がかかるため最近では商品の数が減少していますが、トイレや洗面台などで短時間使用するのに便利です。

パネルのような四角形で、厚みが薄いパネルヒーターも部分的に使うのに適しており、火を使わないので安全で狭い場所に置くことができます。また、消し忘れ防止やタイマーが付いているものなど、便利な機能が付いているヒーターもあり安全性を高め安心して使用できます。遠赤外線ヒーターは購入前に、使える機能をよくチェックしておくことがおすすめです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *