Skip to content

遠赤外線ヒーターのメリット・デメリットとは?

遠赤外線ヒーターは発熱体を利用したヒーターで、ニクロム線電気ストーブやシーズヒーター・ハロゲンヒーター・カーボンヒーターなどのことを指します。

一般的には電気ストーブと呼ばれる場合も多いでしょう。遠赤外線ヒーターのメリットは、暖まるスピードが速く本体価格が比較的安いことです。ピンポイントでヒーターに当たった人を暖めることができるので、寒い時にも遠赤外線ヒーターに当たることで効率的に身体を暖めることができます。また、比較的持ち運びが簡単な場合が多いので、コンセントがある場所であればすぐに使えるのもメリットです。

そのほかにも、石油ストーブなどと違って酸素を消費したり空気を汚すこともないので、換気の必要がありません。使用の際の音も静かなので、静かな環境を望む方におすすめです。一方デメリットは、ピンポイントで暖めることができる分、部屋全体を暖めることができないという点です。部屋全体をすばやく暖めたい時には、他の暖房器具を併用する必要があります。

また、遠赤外線ヒーターはスイッチを入れると赤くなりますが、この赤くなった部分はかなりの高温になっています。赤くなった部分に直接触れるとやけどをしてしまう可能性があるため、小さな子供がいるような家庭では事故が起きてしまう可能性があるのもデメリットの一つです。また、長くあたり続けていると低温やけどを引き起こしてしまう可能性もあります。遠赤外線ヒーターはメリットやデメリットを踏まえながら上手に活用するのがおすすめです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *