Skip to content

遠赤外線ヒーターの仕組み

遠赤外線ヒーターとは、いわゆる電気ストーブと呼ばれているものです。

電気式で火を使わず、スイッチを入れると前面が赤く発熱しているようになるタイプの暖房器具は遠赤外線ヒーターだと思って良いでしょう。この特徴は、その名前のとおり主として遠赤外線を放射することで、その放射を受けたものが直接暖まるという点にあります。ちょっと分かりにくいかもしれませんが、例えばガスファンヒーターであれば、ガスを燃焼させて周囲の空気をまず暖め、その暖まった空気を部屋中に循環させることで、その空気に触れた人間も暖かく感じるという流れの暖房器具です。

電気式のエアコンも同様です。これに対して遠赤外線ヒーターの場合は、主目的が空気を暖めることではありません。赤く発熱している発熱体の表面付近の空気は確かに暖かくなることは事実ですが、それが主目的ではなく、あくまでも遠赤外線という一種の光が照射されたものがそれを吸収して暖かくなるのがメインの働きです。

空気は透明で遠赤外線は吸収されませんから、それによって直接暖められることはありません。発熱体にはいろいろな物質が用いられており、その種類によってカーボンヒーターとかハロゲンヒーターなどに分類されていますが、いずれも遠赤外線を放射することは同じです。また、火を使わずまた空気は暖めないということから誤解されることもあるのですが、発熱体の表面はかなりの温度になっていることは事実で、当然ながら火傷や火事の恐れはありますから注意は必要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *