Skip to content

遠赤外線ヒーターは安全のための機能も選ぶポイント

比較的リーズナブルな価格で購入できることが多い遠赤外線ヒーターは、速暖性があるためすぐ暖かくしたいときにとても便利な暖房器具です。

遠赤外線の光が直接当たる場所を暖めるため、部屋全体を暖めるのではなく部分的に暖めることに向いていて、例えば冷えやすい足元に利用するとか、コンパクトなものをトイレに設置する、帰宅後の冷えた室内がエアコンなどで暖まるまでの間だけ使うなど、補助的な暖房として特に役立ちます。エアコンや石油ストーブと違って空気には影響しないため、乾燥や換気の必要も無いというのもメリットです。

ただ、遠赤外線ヒーターも暖房器具なので事故が発生することがあり、特に火災や火傷は注意が必要な部分です。遠赤外線ヒーターにも製品によっては安全機能が搭載されているので、より安全に使うためには価格の安さだけでなく機能も見て選ぶ必要があります。遠赤外線ヒーターで発生する火災はヒーターの転倒によるものが多いので、転倒を防止する機能や転倒した場合にオフになるものが安心です。

転倒防止機能は多くの製品で備えられるようになっていますが、付いていないものもあるので事前に確認しておきましょう。発熱体に触れて火傷してしまうのは、特に小さな子供のいる家庭では注意したい危険性です。パネルヒーターという比較的火傷の恐れが低いタイプや、温度が一定以上になると自動でオフになるサーモスタット機能付きのものなどが使用しやすいと言えます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *