Skip to content

遠赤外線ヒーターを利用するときのポイント

遠赤外線ヒーターは、電気ストーブの一つであり遠赤外線によって身体を温めることが可能です。

また、遠赤外線ヒーターは立ち上がりが早いことが特徴で、早く体を温めたい場合に重宝します。購入する場合、2千円から2万円を超えるくらいの金額が相場です。かなり金額に差があるのがどうしてかというと、発熱体とも呼ばれるヒーター部に違いがあるためです。

遠赤外線ヒーターを大きく分けると、ハロゲン・カーボン・グラファイト・シーズに分かれています。ハロゲンヒーターは、発熱体にハロゲンランプを使用しています。遠赤外線ヒーターの中では主流となっていたものですが、近年はカーボンのものと金額の差がなくなってきていることもありこのタイプのものはそこまで多くは使われていません。カーボンヒーターは、発熱体に炭素化合物を使っていることが特徴です。このタイプのものは、ハロゲンのものと比較して上位の機種です。

遠赤外線放射量はハロゲンのものと比較すると約2倍もあり、暖房能力も段違いに良く家電市場で良くみかけます。グラファイトヒーターは発熱体に黒鉛を使用した金属管を使っています。立ち上がりが極めて早く、電源を付け始めて1秒足らずで暖かくなりますが値段はカーボンのものより高めです。もう一つのシーズヒーターは、グラファイトのものと同じく発熱体が金属管でできています。丈夫でできていて、遠赤外線放射料がカーボンのものより高いことがありますが立ち上がりが少し遅いです。電源を付けてから、数分で暖かくなります。またシーズヒーターは価格が最も高いです。使い方は、トイレ・脱衣所・オフィスでの足元などに置いて身体を温めると便利ですが火傷などによるけがや火事には注意しましょう。部屋全体を温める場合、遠赤外線ヒーターの使用は向いていませんのでエアコンなど別の方法で温めます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *