Skip to content

遠赤外線ヒーターの種類と使い方

遠赤外線ヒーターは、電気ストーブのひとつで立ち上がりが早く、芯から身体をあたためてくれる特徴がある暖房器具です。

遠赤外線ヒーターには、大きく分けて4つの種類があります。そのひとつがハロゲンヒーターで、発熱体には赤く光るハロゲンランプが使用されており、数十秒ですぐにあたたかくなります。

カーボンヒーターは、炭素化合物を発熱体に使われており、ハロゲンヒーターよりも遠赤外線の放射量が2倍近くあるとされており、暖房力も同じく倍近くあるとされています。グラファイトヒーターは、黒船を使った金属管で発熱体が出来ていて、0.5秒であたたかくなる位立ち上がりが非常に早く、丈夫であるという特徴があります。シーズヒーターは、発熱体が金属管で出来ており、遠赤外線の放射料がカーボンよりも高いのですが、他のヒーターよりも立ち上がりが遅いと言われています。

遠赤外線ヒーターは、立ち上がりが早くことや軽いという特性から、オフィスで足元をあたためたり、自宅のトイレや洗面所や脱衣所などで使われたりすることに適しています。部屋全体や空気をあたためるものではなく、人の身体やものを直接あたためるものという使い方が効果的な使用方法だと言えるでしょう。部屋全体があたたまるまでの補助的な役割で使用するのもおすすめです。但し、同じ姿勢で長時間近い距離で使用したり、近付き過ぎると低温やけどをしてしまう恐れがあるので注意する必要があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *