Skip to content

遠赤外線ヒーターを利用する際の注意点とは?

遠赤外線ヒーターを利用して部屋を暖めたいと考えているのであれば、その特徴をきちんと理解しておくことが大切です。

まず遠赤外線ヒーターは部屋全体を暖めるのが苦手という特徴があります。したがって一人暮らしで自分だけを暖めたいと考えている人に、最適な暖房器具です。同様に子供部屋に活用するのもいいでしょう。

冬の寒い日に脱衣所を暖めるのにも向いています。遠赤外線ヒーターは低温やけどの恐れがあるので、小さい子どもやペットのいる家庭は注意して利用するのがポイントです。小さい子どもやペットに利用する時は少し離して置いて、目を離さないようにすることが大切です。より安全性を重視したいのであれば、転倒した時に自動で電源がオフになる機能が付いたものを選ぶようにしましょう。

思っていたより電気代が高い場合もあるので注意が必要です。遠赤外線ヒーターは消費電力が少ないので、一見するとコストパフォーマンスが良いように感じますが、消費電力が常に一定なので長時間付けているとエアコンよりも高くなってしまう恐れがあります。エアコンは温まるまでの時間の消費電力が高いですが、温まった後は消費電力が低いという特徴があります。そのような特徴があるので、遠赤外線ヒーターを長時間利用しようと考えている方は、注意するようにしましょう。長時間利用するのであれば、適度にエアコンやストーブと併用してもいいのかもしれません。これらの点に注意して賢く活用することが大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *