Skip to content

遠赤外線ヒーターのメリットとデメリット

電気暖房器具にもいくつかの種類があり、そのひとつに遠赤外線ヒーターがあります。

この遠赤外線ヒーターは、人の体に直接遠赤外線を当てることによって、すぐに暖かさを感じられるので、特に局所的な暖房器具としておすすめだと言えます。そんな遠赤外線ヒーターを使用するにあたり、いくつかのメリットとデメリットがあります。先ずメリットとしては、遠赤外線により体の表面が温まり、その温度が体の芯まで伝わって温めることが出来ることです。スイッチを入れるとすぐに暖かくなるという即暖性があることや、持ち運びがしやすいことや、換気をする必要がないことを挙げることが出来ます。

また、ファンやモーターなどがないので、音が静かであることや、遠赤外線なので乾燥しにくいということもメリットだと言えるでしょう。一方、遠赤外線ヒーターのデメリットもいくつかあり、そのひとつに部屋を暖めることが出来ないことがあります。部屋全体を暖めることが出来るものではないので、複数の人が部屋に散らばった場所にいて使用するのには不向きであると言えます。

1人や複数でもソファーなど同じ場所に居る場合に使用するのには効果的です。また、低温やけどをする危険があることもデメリットのひとつに挙げられます。近過ぎることにより熱が放射せずに中央部分に集中しやすい性質があるので、低温やけどの可能性があります。さらに、電気代が比較的高いこともデメリットだと言えるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *