Skip to content

遠赤外線ヒーターの重要性とは

冬場の生活を快適に過ごすために欠かせないヒーターやストーブは、様々な種類が販売されています。

使い方に合わせて最適な製品を選ぶためには、暖房器具それぞれの特徴を知ることが重要です。部屋全体を暖めるためにはファンヒーターやストーブなどが定番ですが、台所や脱衣所など、いつも暖めておく必要のない場所には、遠赤外線ヒーターがおすすめです。遠赤外線ヒーターはメインではなく補助的にしようするのに向いた暖房器具で、コンパクトで持ち運びしやすく、コードレスタイプも販売されています。スイッチを入れてすぐに暖かさを感じることができるのは、他の暖房器具にはない特徴です。

温風で空気を暖めるファンヒーターとは違い、遠赤外線が当たった場所や物に熱を与える効果があります。そのため、長時間の使用でも乾燥の心配がなく、灯油やガスなどを使用しないので、空気を汚さないというメリットもあります。立ち上がりが早いのですぐにしようでき、音も静かという使い勝手の良さが魅力です。ヒーターの素材によって性能や価格が異なり、近年ではグラファイトやシーズといった遠赤外線量の多いタイプが人気です。

ハロゲンやカーボンを使ったものは他の素材より速暖性に劣るものの、その分だけ価格が安くなっています。遠赤外線ヒーターの中でも、特に速暖性に優れるのがグラファイトで、0.5秒程度で暖かさを感じられるようになります。シーズは立ち上がりこそ遅いですが、遠赤外線の量が多いため、特に寒い場所で使用するのにおすすめです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *