Skip to content

遠赤外線ヒーターには種類があります

ヒーターのひとつに遠赤外線ヒーターがあります。

遠赤外線ヒーターは、発熱体を利用したヒーターで、スイッチを入れると赤くなるのが遠赤外線ヒーターと言われることが多いです。部屋全体を暖めるタイプのヒーターもありますが、この遠赤外線は部屋全体を暖めるというよりは、ピンポイントで暖めることが出来るという特徴があります。遠赤外線のヒーターにあたった人を温めることが可能で、暖まるスピードが速く、本体価格が比較的安いというメリットがあります。

ピンポイントで暖めることが特徴的ですが、暖まる範囲が狭く、赤く熱している部分を触れると火傷する恐れがあるなどがデメリットと考えることができます。遠赤外線ヒーターは、発熱体の違いによって種類が分かれ、熱効率や遠征外線の暖かさなども種類によって異なります。種類のひとつのニクロム電気ストーブは、最もシンプルな遠赤外線のタイプで、発熱体に石英ガラスの間にニクロム線コイルを入れたものの方式です。

シンプルな作りなので価格が安いのですが、遠赤外線の放出量は少ないため、他の種類に比べると暖かさは弱く感じます。発熱体にハロゲンランプを使ったハロゲンヒーターは、暖かさを感じにくいタイプで、発熱体に炭素化合物を使ったカーボンヒーターは、ハロゲンヒーターの上位機種で、ハロゲンヒーターより遠赤外線の放出量が2倍あります。

発熱体に絶縁体で包んだニクロム線を金属製のパイプに入れたものを使っているのはシーズヒーターです。遠赤外線の種類の中で暖まるまで5分程度かかりますが、最も赤外線の放出量が多いタイプです。遠赤外線ヒーターといっても種類があるので、目的や予算に合わせて選ぶことが大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *