Skip to content

遠赤外線ヒーターの利用で得られるメリット

寒い季節に利用する機会が増える暖房器具には、空気もしくは体、全体もしくは局所的に温めるかに分けられます。

室内全体を温めるのに効果的なのがファンヒーターやエアコンで、局所的に温まりたい場合にはこたつやハロゲンヒーターなどを使いますが、遠赤外線ヒーターも局所的に温まりたい場合に効果的な器具として知られています。遠赤外線ヒーターは人間の体に吸収されやすい赤外線を使用しており、実際に体に吸収されると熱に変換されます。この熱が体の表面近くにある毛細血管を流れている血液などを通して体の内部へと伝わっていき、体の芯から温まっていくという仕組みになっていて、これが遠赤外線ヒーターを利用するメリットとして挙げられます。

また、スイッチを入れると瞬時に温まるので即効性を重視したい場合に威力を発揮しますし、ストーブやファンヒーターのように燃料を燃やして温まるわけではないので、換気作業を行う手間が必要ないということもメリットです。

他には、ファンやモーターのような音の出やすい部品がないので他の製品に比べて静かという特徴もありますし、空気を乾燥させる心配がないのでそれにまつわる肌トラブルの心配がないという点もメリットになります。しかしながら、遠赤外線ヒーターには熱を部屋全体に波及させる効果がほとんど期待できない上に、近づき過ぎると低温やけどになってしまうというデメリットもありますので、そうした点も考慮した上で利用することが求められます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *