Skip to content

遠赤外線ヒーターのおすすめの使い方

少ない面積で置くことができて邪魔になりにくく、使わないときにはしまっておくことができる遠赤外線ヒーターは、スイッチを入れるとすぐに暖を取ることができる人気の暖房器具です。

空気をあたためるタイプのエアコンや灯油ヒーター、石油ストーブなどとは暖房方式が違い、遠赤外線を利用して対象物の温度を直接上げるタイプなので、空気が汚れず、乾燥もしないというメリットがあります。灯油などの燃料の必要がなく、電気のコンセントがあればどこにでも持ち運んで使うことができる使いやすさも人気の理由となっています。

ぽかぽかとしたあたたかさが特徴で、あたっていると体が芯からあたたまることが魅力の遠赤外線ヒーターは、部屋全体をあたためるのではなく、遠赤外線が届く範囲の物体をあたためるタイプの暖房器具です。部屋の中に複数の人がばらばらにいる状態での使用には向いておらず、一人でいるか同じ場所に複数の人がかたまっている場合に使うことがおすすめの使い方です。また、普通のストーブやヒーターのように長時間使用すると電気代が高くなってしまうことがあります。

遠赤外線ヒーターは、空気をあたためるタイプではないので、部屋自体の温度はあまり上がらず、ずっと高い商品電力のまま使ってしまいがちです。立ち上がり時の電気代はエアコンなどの方が高いのですが、長時間の暖房には、コストパフォーマンスがエアコンよりも劣る傾向があります。帰宅時や起床時に、短時間使う場合や他の暖房で部屋があたたまるまでの補助暖房として使う事をおすすめします。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *