Skip to content

遠赤外線ヒーターの安全性

遠赤外線ヒーターは、灯油やガスなどの燃料の代わりに電気を熱エネルギーに変えて暖まるヒーターです。

空気が乾燥しない、すぐに暖まる、小型で軽量なものが多く脱衣所やトイレなどの狭い空間を暖めるのにも向いています。家電量販店などですぐに手に入りますが、遠赤外線ヒーターの問題として火事の危険性が指摘されています。一般的に灯油やガスなどを使わない分だけ、火事などの心配が少ないと思われがちなヒーターではありますが、使い方を間違えてしまうと火事の原因となってしまうのです。特に多いのが、寝ている間に可燃物がヒーターに接触して火事になるというケースです。

毛布などがヒーターの表面に触れたり、近づくことによって発火してしまいます。遠赤外線ヒーターを安全に使うためには、きちんと説明書を読んで十分な離隔距離を取るようにすることが大切です。また、本体が異常な熱を感知すると、自度いうに通電を遮断する過熱防止機能があると安心することができます。

遠赤外線ヒーターをつけているときに毛布やタオルなどが本体にかかってしまったり、内部が以上に暑くなると自動に通電を遮断する、加熱防止機能が働くとブザー音が鳴るなどの機能があれば、安全性が高い製品と言えます。また、転倒したときに電源遮断装置があるというのもおすすめです。使用中に地震が来た時や子どもが倒してしまったというトラブルは十分に考えられます。本体が転倒したときに通電をストップできれば、そこから火事になる心配がなくなります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *