Skip to content

遠赤外線ヒーターの原理とその応用について

家庭での暖房用から工場での加熱まで、遠赤外線ヒーターは広く採用されています。

家庭の部屋にあるハロゲンヒーターと工場に設置されたものは、規模の相違はあるものの原理や基本的仕様はほぼ同様であります。遠赤外線ヒーターは、ハロゲン化物が封入されたフィラメント部に電圧をかけて電流を流すことで発生する電磁波によって対象物の加熱を行うものです。熱の伝搬方法である伝導や対流とは異なり、電磁波が到達できれば離れていても加熱することができます。よって、他の加熱装置とは異なり、部分的に極端に熱くなったりすることはありません。

電流を流すとほぼ即座に電磁波が放射されるので、の入り切りで加熱を細かくコントロールすることができます。印加した電力のおよそ80パーセントが電磁波に変換される効率の高さも、この方式の特徴であります。これらの特長を活かして、家庭での部屋の暖房に用いたり、複数台の設置で体育館アリーナなどの大規模空間の暖房にも使われます。入力電力に対して得られる暖房効果の高さは、省エネの観点からも温室効果ガス排出の削減にまで効果を発揮します。

また、焼付け塗装の工程を有する工場で熱源としても導入されるだけでなく、食品加工工場で大量の食品を均一に焼き上げる工程でも採用されています。液晶ディスプレイや太陽電池などのパネルの製造プロセスにおいても用いられています。遠赤外線ヒーターはさまざまな場所でさまざまな用途で導入されていて、これからも制御のしやすさとエネルギー効率の高さの双方のメリットを活かすべく採用が進むと考えられます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *