Skip to content

遠赤外線ヒーターの特徴について

ハロゲン化物を含むフィラメントに電圧をかけて電流を流すと電磁波が放射されます。

この電磁波には赤外線から遠赤外線の帯域の波長のものが含まれていて、この現象を応用したものが遠赤外線ヒーターです。フィラメントはランプ状に形成したり、棒状にしたりして暖房器具として製品化がされます。ランプは、入力した電力のうちおよそ85パーセントを赤外線帯域の電磁波に変換することがでるため、スイッチを入れて電流を流すことですぐに赤外線が発生し発熱可能です。スイッチを切ればただちに発生が治まるので、制御もしやすい点がこの機器の特徴です。

遠赤外線ヒーターは、室内の暖房に最適な要素を持った方式です。熱の伝わり方には3種類があって、対流と伝導と輻射とがあります。対流と伝導は熱源から放射される熱が伝わって温まるイメージですが、輻射は電磁波である遠赤外線が対象物に照射されたことで熱を持たせる現象を応用しています。室内に遠赤外線ヒーターを置くと、人体だけでなく壁や床や天井にまで電磁波が行き渡り部屋全体が均一に暖まります。

よって、他の局所的な暖房とは異なり、顔だけが熱くて足元が寒いことや温風によって肌やのどが乾燥するなどの現象はありません。また、燃焼がないので空気はきれいなままであり、気になるにおいは発生しないのも特徴です。特に冬場は室内が乾燥しがちなため、温風によりホコリが舞い上がったりはしないので喘息やアレルギー体質の人にも安心です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *